塾で得意教科を強化する〜しっかりと勉強できる環境作り〜

笑顔の女性

試験対策する

小学生のお子さんをお持ちの親御さんにとって、お子さんの進路というのは非常に大きな問題ですね。特に、小学校高学年になってくるとまず考えるのが、「公立の中学に進学させるか」あるいは「中学受験で私立中学に進学させるか」ということでしょう。自分の家の学区にある公立中学に進学するのであれば、特に受験などはなくそのまま入学することができます。ですが、私立の中学に進学したいという場合には、中学受験が必要です。この中学受験ですが、特に有名校や名門校の場合にはかなり熾烈な受験戦争が待っています。やはり、こういった中学に入学することでその後の高校進学や大学進学が有利になりますし、より良い学習環境の中で勉強ができます。それゆえに、多くの親御さんが私立中学への入学をお子さんに希望しているようですね。中学受験をする場合、多くの子供は学習塾や進学塾に通って受験対策用の勉強をします。やはり、小学生ですから自分だけの力で受験に必要な学力をつけるのは難しいでしょう。塾であれば受験のための対策ができますし、集中して勉強ができる環境が用意されています。大手の進学塾では定期的に全国模試を開催しているので、学習の指針としても有効に利用できるでしょう。

ちなみに近年の試験問題は、一昔前とは傾向が変化してきています。一昔前というのは、いわゆる「お受験ブーム」のころで、この頃にはとにかく難問や奇問が多く出題されていました。小学校では習わない中学レベルの公式を使わないと解けない問題や、膨大な知識や単語の暗記が必要な問題などが出題されていたのです。ですが、こういった問題を解けるようにするための学習では、とにかく暗記するだけの勉強になりがちで本当の意味での学力をつけられないのではないかという懸念が生じました。そのような流れで、現在では出題傾向が変化しています。そして、現在の中学受験問題の傾向としては、自分自身の言葉で回答を説明する力や、自分自身でじっくり考えて正解を導き出す力が重要視されています。このような出題傾向によって、より質の高い学習が必要になったとも言えるでしょう。